実録!チンピラ警察24時!!

アニメやゲーム、日常の出来事を不定期に書いていこうと思っています。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポップン自作コントローラー 再び その弐 ※ 追記あり

それでは、箱について書いていこうと思います。


・自作アケコン箱制作編

天板に穴を開けた所です。前回は3mmのドリルで円の外周に沿って穴を開けて
ギザギザの切り口をヤスリで削って平らにしたのですが、今回は自由錐を使って穴を開けました。
油断してるとドリルが跳ねて、両端の刃で手足をザックりやってしまうので、十分注意しての作業でした。
ポップン自作アケコン-箱01


これはその裏側です。力をかけて折れそうな所を補強しています。
この写真の時点では、ラッカークリアの塗装前なので表に印刷した紙を貼り付けて
保護の塩ビシートもボルトナットで固定しています。それについては後ほど簡単に説明します。
ポップン自作アケコン-箱02


途中経過は面白くないので省略します。w だって材料を切って木ネジで固定するだけですし・・・
箱を組んだ後、塗装部分に紙やすりを丁寧にかけて先ずは白を塗装して、次に黄色を塗りました。
そしてポップンのロゴを転写シールで貼り付けてから、6・7回ぐらいラッカークリアを薄く吹きつけています。
次に600の水砥ぎやすりで軽く表面を研いで、2・3回ラッカーを吹き付けました。
ポップン自作アケコン-箱04


これは裏側。前回は隅金を使って、上からはめ込んで蓋をするようにしましたが
今回は蝶番を取り付けて開閉できる様にしました。やっぱり蝶番の取り付けは難しいですね。
一発でいけるかと思ったのですが、木がこすれてギィギィ音が鳴るので調整が必要でした。
ポップン自作アケコン-箱08


これは蓋を開けた状態です。蓋の部分の小さい穴はコードを通す為の穴です。
ねずみ色のモノは、PSコンの保護も兼ねた、スポンジを敷いています。
蝶番を取り付ける前に、PSコンのコードを通す半円の穴を右側面に開けていたのですが
位置がステーと被ってしまい、木工用パテで埋めて、空け直すという失態を演じてしまいました。
ポップン自作アケコン-箱06


これは天開用のステーで、箱の蓋を開けっ放しに出来る補助金具です。
取り付け方が良く分からず、ステーが折りたたまれた時に蓋が閉まらなかったり
片方のステーがあまり効いてなくてプラプラしてたりで、何度も付け直したおかげで
側面の内側はネジ穴の跡だらけになってしまいました。
ポップン自作アケコン-箱07


これは底です。スピーカーの振動・騒音軽減のゴムの足を付けた所です。
ポップン自作アケコン-箱03


正面にパッチン錠を取り付けて、簡単に開かないようにしました。これも取り付け方が分からず
1回失敗しています。上下の金具の間が開きすぎて。金具が掛からず閉まらなかった・・・
最後に箱の中にPSコンやコードを設置・配線して完成となりました。
あ、スイッチの効き具合の調整を忘れてらぁ。 これはプレイしながらぼちぼちやろうかね。
ポップン自作アケコン-箱09


・おまけ

PSコンとボタンの配線はこんな感じで行っています。
ちなみにパネルの左上の黒いのが、セレクトボタンとスタートボタンになります。
ポップン自作アケコン-箱010

パネルの模様はPCで実寸で作ってプリントたモノを切って重ねて、板に両面テープで固定してから
0.5mmの塩ビシートをボルトナットで固定しています。
印刷はマット紙を使っています。最初は半光沢紙を使ったのですが切って重ねた部分が丸分かりで
見た目にも不細工になったので、ボツにしました。
塩ビシートも最初は1mmのモノを購入したのですが、穴を開けた時や、穴の調整している時に
カッターや自由錐が滑って、大きな傷が数箇所についたので泣く泣くボツにしました。


・ついでに思い出した事とか

一番最初に作った時に、知り合いがプレイしてみたいと言うので、やらせてみましたら

思 い っ き り ク ラ ッ シ ャ ー プ レ イ

1曲終わらないうちに、下に住むキチ○イのおっさんが怒鳴り込んでくる始末。
謝って部屋に戻ると「怒られてやんのwww」って顔でニヤニヤしてたので、イラッときたので
クラッシャープレイを注意すると 「思いっきり叩かんとプレイした気にならんやろ」 とかほざくので
マチェットで脅しながら、くどくどと説教したのを思い出しました。

タッチライトを元々の使用目的とは異なる使用をしているので、思いっきり叩くとかすると
すぐに壊れると思いますので、もしも自作アケコンを作ってみようと思う方は注意して下さい。


※ 追記
POPN.jpg

自分で作ったパネルの模様でも公開してみようかと思い、追記する事にしました。
サイズは原寸なのでかなり巨大で、サイズは 8858*4134 になっとります。
こちらから閲覧できるようになっていると思います。

また、RARファイルも置いています。
DLはこちらから、右クリックのヤツでお願いします。

ちなみにおいらが作った箱のサイズは。75cm×35cm、厚さは板の厚さとか込みで蓋が3cm、箱が6.5cmで
作ったと思います。自作した方 される方。もし良かったら使ってやって下さい。

スポンサーサイト

| 日曜大工 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ISくじ引いてきたったwww ※追記あり

えー、タイトル通りISくじを引いてきました。

まぁ10回だけしか引いてないので、戦果はしれてますが・・・

ISくじ01
どの賞も何故か、鈴ちゃんとモッピーが余っている感じで、何故か悲しくなってきました。
あ、セシリアグッズが無いのは単に取り間違えです。G賞のクリアファイルセットでセッシーをゲットしようと
思ってたのですが、モッピーの執念なのか、セッシーを取り忘れてしまいました。

ちなみにポスターの柄は選べないと箱に書いていたのですが、中身は一緒の物でした。
これは、1つは壁に貼れと言うモッピーの啓示なのでしょうか・・・

ISくじ03

で、鈴ちゃんとラウラがウェディングドレスで我が家に嫁入りに来てくれました!
元ブラックラビッ党であり、現セカン党であるおいらにとっては嬉しい悲鳴であります。
これもミニ仏壇を作って、ご先祖供養したご褒美なのかなぁとか、一瞬とは言え思ってしまいました。
まぁ、そんな事ぁ無いでしょうけどね。ご先祖様も草葉の陰で嘆いてらっしゃるわ。w

何はともあれ、両名に来ていただいて華やかな日々を送っております。


※ 追記

この前、久々に神戸のヲタクロードをブラブラしていましたら、イエローサブマリンにて
セシリアが鎮座していましたので、迷う事無く 結納金を納めて 嫁入りに来てもらいました。

ISくじ04


くじを引いた時に、セッシーグッズを取り忘れると言う、痛恨のミスを犯してたので
この機を逃す訳にはいかぬと思ったので、お迎えした次第であります。
グッズとの出会いは一期一会なので、次に訪れた時にまた逢える保証は無いですからねぇ。

何はともあれ、セッシーに来ていただいて、益々華やかな日々を送っております。

≫ 続きを読む

| アニメ | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PC新調しますた

前々からPCを新しく組もうと思っていて、先月始めからパーツを購入していたのですが
先月末になって、PCがついに死亡してしまったので、残りのパーツも慌てて購入して、PCを新しく組んでみました。

性能というか構成は、簡単ではありますが下記の通りです。

CPU :AMD FX(tm)-8150 Eight-Core Processor
M/B :AsRock 990FX Extreme4
MEM :ADATA Premier DDR3 1600 8G*2
GPU :Radeon HD 6670
HDD :SATA 2.0TB/2.0TB/2.0TB IDE 300GB/300GB
PSU :Bull MAX2 720W
Drive:LG Super Multi Blue Drive
CASE :CM690 II Plus rev2

CPUクーラー:DEEP COOL/GAMMAXX 400 + 120mm(Blue LED)*1
ケースファン追加&入換分:140mm(Blue LED)*4/120mm(Blue LED)*1/80mm*1
カードリーダー:Owltech Card Reader/Writer FA407(B)

こんな感じで組んでみました。
ケースは当初、COOLER MASTER/HAF Xの購入を検討していたのですが、神戸のPCパーツを扱っているお店で
売っていたのはSofmapだけで、おまけに高杉クッソワロタだったので、断念しました。

購入したCM690 II Plus rev2のサイドパネルは、オプションでアクリルパネルverも売られているのですが
ワープアの私には購入する資金が無かったので、色々と検索してみた所BurningBloodさんのブログを参考にして
自分で加工してみました。会社の倉庫にあったサンディングカッターでの切断作業ですが
これは失敗が許されないので作業は慎重に、慎重に・・・
やったつもりなんですが、ちょっぴり切り過ぎた箇所が出ちゃった♪ テヘッ♪
まぁ、金属パテで補修できる程度だったので、傷は浅くて済みましたけどね。

で、ケースはどんな感じになったのかと言いますと

フロントパネル
New-PC01.jpg

トップ
New-PC02.jpg

サイドパネル
New-PC03.jpg

と、こんな感じで蒼く光り輝いております。

今回のPCの仕上がりは、かなり満足しています。
ケースも裏側配線が出来てケース内がスッキリしていますし、ファンも数の割りに静かですし
CPUやMEMの性能アップに伴って、ゲームもヌルヌル動いてくれています。

こいつも骨董品になるまで、使ってやりたいなぁと思っています。

| 日記 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。