実録!チンピラ警察24時!!

アニメやゲーム、日常の出来事を不定期に書いていこうと思っています。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フルスクラッチでモッピーを作ってみる 完成

今回は、いよいよ最後になる塗装です。
エアブラシで塗ろうと思ったのですが、アクリル絵の具の粘度が薄かったのか
色が乗ってくれなかったので、筆描きにしました。粘度が濃すぎると吹かなくなるし、粘度調整まんどくせ。

もっぴー制作13

先ずは顔から仕上げようと思い、顔の塗装からやりました。
写真だけ見ると普通なのですが、結構修正しまくってます。線が太くなった箇所を肌色で塗って
はみ出て線が消えそうになったら黒で線を描いての繰り返しでした・・・

もっぴー制作14

これはリボンの黒線を塗るのに、マスキングテープでラインを作って塗ろうとしてる所です。
他にもポニーテールの髪とリボンの境にマスキングして、髪を塗ったりしてます。

もっぴー制作15

一通り塗装が終わって、ねこの手で乾燥させている所です。後は組み立てるだけ。


でもって一晩放置して、接着剤でくっ付けて完成~♪
モッピー01
モッピー02
モッピー03

台座はホームセンターで買ってきた100円の端材に、100円ショップの工作用ニスの
チークと つや出しクリアを塗っています。 まぁなんて貧乏くさい。 ほっとけ。
よく見ると小さな傷が残っていたり、顔がやっぱり変だったりと ちょっと不満は残ってたりしますが
何だかんだで前回のより良い物に仕上がったんじゃないかと思っています。

 - お ま け -
新旧モッピー

新旧並べて写真を撮ってみたんですが、いやぁ・・・旧モッピーの方は太ましくて横綱の貫禄。www
でもって旧モッピーは紙粘土の強度不足が祟って、髪のわっかが部位破壊されています。

これでモッピーは終了となるわけですが、次もIS関係のモノを作ってみたいと思っています。
良さそうな資料が集まれば、先ずは酢豚こと鈴ちゃんを作りたいなぁ。

スポンサーサイト

| アニメ | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フルスクラッチでモッピーを作ってみる その4

今回はパテを塗ってやすりがけの単純作業からです。

もっぴー制作09

先ずは粘土全体にパテを満遍なく刷り込んで乾燥させます。この段階だと逆に汚く見えるのですが
紙やすりをかければそんな事も無くなります。
そういや、前に道具の紹介で説明しにくかった猫の手はこんな感じで使うもんです。
乾燥させてる間、ずーっと手で持っている訳にもいかないですからねぇ。

もっぴー制作10

乾燥後、紙やすりをかけた状態です。粘土の時に使ってた紙やすりはDIYで余った80番と100番の
常軌を逸した粗過ぎる紙やすりを使ってましたが、今回からは400番の常識的なものを使ってます。
そして、ごめんなさい。白と灰色のまだら模様でさらに汚くなりますた。w

もっぴー制作11

そしてサーフェイサーを吹いて乾燥させている所です。
この後、傷があったらパテを塗ってやすりがけ、サフ吹きの繰り返しになります。

もっぴー制作12

サフ吹きも一段落したので、一度組んでみたらポニーテールの重みで後ろに傾く大惨事。
ポニーテールを3mm程伸ばして支える形に修正すると共に、気になっていた右側の髪の毛を削って修正しました。
んでもって、顔を下書きした後リューターで彫ってみました。なんとなくフィギュアの原型っぽくなりました。w

次は塗装をして、接着剤でくっつけて完成させて記事にしたいと思います。

| アニメ | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フルスクラッチでモッピーを作ってみる その3

前回の終わりに髪の部分がうやむやになった感がハンパなかったので言い訳がてら
下の写真を参照にして説明だけしておこうと思います。
先ず、前髪を盛り付けて硬化後にサイドの髪を盛りつけ。その後に後ろ髪の部分を盛り付けて完成です。
まぁ、素人なのですんなりといく筈も無く、前髪が長すぎたり変な方向に曲がったまま硬化したりと
削って盛っての繰り返しとなりました。

さて、今回はポニーテールの部分からと言う事なのですが

もっぴー制作05

アルミ線と真鍮線を使って、芯を作って粘土を盛っていく腹づもりです。

もっぴー制作06

後ろから見るとこんな感じです。モッピーは二股ポニーなので芯もちょっとややこしかったです。

もっぴー制作07

すんません。またまた写真の撮り忘れで、ポニーテールほぼ完成まで飛びます。www
この間にリボンも作ったのですがそれも撮り忘れ。写真はAAで輪っかみたいな表現をしている髪を
作っている所です。実際は輪っかではなくアホ毛もどきなので、触手を取り付けてみました。(ぉぃ
ねじった真鍮線を芯にして、粘土を盛り付けて作っています。

もっぴー制作08

一先ず、パーツが出揃ったので分解しての集合写真です。
これから彫って削って整えて、凹んだ部分に粘土を盛り付けてはやすりがけを繰り返して
その次に、パテを盛ってやすりがけ、サフ塗装の繰り返しになると思います。

写真の撮り貯めはここまでなので、進展しましたら更新しようと思います。
ここまで来たら、前回の勢いと紙粘土で作った物を超えるようなモッピーを作りたいと思っています。

| アニメ | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フルスクラッチでモッピーを作ってみる その2

それでは、モッピーの制作に取り掛かる事にします。

もっぴー制作01

先ずはアルミホイルを丸めて芯を作っていきます。嵩増しとは言え大きすぎると削った時に
アルミが出てきてしまうので、やや小さめに・・・

もっぴー制作02

それに粘土を被せて、頭と胴の部分を作っていきます。頭のてっぺんが平らなのは髪を盛る時に
台になって盛りやすいからです。モアイ像を意識したわけじゃ無いでスよ?

もっぴー制作03

白熱灯で表面乾燥の促進をしている所です。石粉粘土はパテのように硬化が早くないので
じっくり成形できる反面、早く次の作業に取り掛かりたい時に、時間がかかるのが難点かも。

もっぴー制作04

で、胴体の表面が固まったので、腕を取り付けてみました。この段階ではまだ大雑把に付けただけですね。

次に頭にマスキングテープを巻いて、髪の毛を盛る作業をしていたのですが
すんません、写真を撮り忘れました。 しかも、髪の毛の作業の大部分。(核爆
いやぁ、写真を撮るのが面倒 作業に熱中してたものでして。

と言う訳で、次はポニーテールの部分から記事にしていきます。

| アニメ | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フルスクラッチでモッピーを作ってみる その1

えーっと、モッピーが出来てから記事にしようと思っていたのですが
写真が多くなってきたので、小出しに記事にする事にしました。

先ずは、材料や工具の紹介をしようと思います。

材料

材料は、石粉粘土が主な物になります。アルミホイルは嵩増しと軽量化に使います。
アルミ線と真鍮線は結合させたり、芯に使ったりします。鉄の針金とかは硬すぎてノーサンキュー。
速乾木工用ボンドや瞬間接着剤はそのまんま、パーツの接着に。

工具01

お次は工具、左からスパチュラ。盛り付けた粘土を均したりするのに使います。かなり重宝します。
真ん中がピンセット、髪や指とか細い箇所を曲げる時に使います。
右がデザインナイフです。ちょっとパーツを細かく斬ったりする時に使ってます。
切ったり削ったりは最近、彫刻等を使ってますけど、ケースバイケースで使い分けてまふ。

工具02

その彫刻刀です。 100円ショップで買って来ました。硬化したパーツを斬ったり、彫ったりしています。
グリップの大きな専門のが良いようですが、資金の関係でコレ使ってます。ほっとけ。

工具03

左からパーツの切断等に使うニッパー。カッターのことかの方が良いそうなので今度買おうかな。
ピンバイスとチタンドリルの先っちょ。これはアルミ線を差し込みたい時の削孔に使ってます。
最後は棒やすりとかの3点セット。これも100円ショップで買ってきました。
ちょっと狭い箇所のやすりがけに使ってます。

工具04

えーっと・・・猫の手です。w これは塗装の時に使うものです。
塗装して乾かす時に、パーツを挟んで台にぶっ刺して放置するものです。
100円ショップで竹串とウッドピンチ買ってきて木工用ボンドでくっつけました。
竹串は半分ぐらい削って、接着しやすいように平らにしてまふ。

他にも彫刻にリューター使ってたり、塗装にエアブラシを使ってたり
マスキングテープや木工パテ、紙やすり等挙げ出したらきりが無いので、工具や材料はこの辺にして
次は制作について書こうと思ってます。

| アニメ | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。