実録!チンピラ警察24時!!

アニメやゲーム、日常の出来事を不定期に書いていこうと思っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PC台の改修

10年以上PC台として使っている、小さな縁台があるんですが、台の上にPC、下にUSB-Hubを置いているのですが
埃が溜まって掃除するのに不便なので、嵩増しして すのこを取り付けキャスターも取り付け改修しました。

縁台

こんな感じです。色の白い部分が今回増設した部分です。
縁台も10年以上使っているので、所々綻びが生じていたので、先にそっちを木工用ボンドで補修してから
嵩増しの作業に移りました。いつものようにドリルで孔を空けてからダボを打ち込んで組みたかったのですが
縁台の脚がグラグラするのに すのこを先に組んで、「脚の位置が合いませんでした~」では洒落にならないので
今回は木工用ボンドとタッカーと釘で作っています。手順は脚を嵩増し、すのこを乗っける梁を取り付け
タッカーで補強、後にすのこの板をボンドで仮止め、釘で固定と言った感じで作りました。
最後にサンドペーパーを全体に掛けて仕上げとしました。

- ついで -

PC嵩増し

今使っている7代目PCケースには底にもファンを取り付けているので、埃が付いてしまう訳でして
それを掃除出来るように、PCを嵩上げする為に φ50/t=20の木の両面に滑り止めを付けた物です。
これで底に付いた埃取りが楽に出来るようになってくれれば・・・

最初は縁台を一から作ろうかとも思ったのですが、金額が倍以上掛かるのと、10年以上使っていると
愛着も湧いてて他のを使う気にもなれないので、改修する事にしました。
この縁台には、昔飼っていたにゃんこの思い出もあるので尚更です。まぁ良い思い出では無いですけどね。
そんな訳で、もう少しガタが来るまでこいつを使っていこうと思います。

スポンサーサイト

| 日曜大工 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バールのような孫の手

最近、右目に赤黒い影のようなものが現れたので、「まさか、眼の血管破裂?!」とか思って
焦ってしまいましたが、気を落着けてネットで検索した所、飛蚊症か黄斑症がヒットしたのですが
黄斑症に関しては、左右共に4回ずつレーザー治療を行ったので、可能性は低いし・・・

数日様子を見て、変化しないなら病院に行こうと思っていましたが、3日程で影が無くなったので
今は様子を見ながら、失明になったらと怯えながら日々を暮らしています。

さて、管理人のつまんない現状報告はここまでにして、ここ最近の猛暑は特に堪えますねぇ。
あせもとかで背中が痒くなる事もしばしば。家に孫の手はあるのですが、先が丸まってて
あまり効果が無いので買おうか作ろうか迷いましたが、自作する事にしました。
どんなデザインにするか画像検索で調べていたら「名状しがたいバールのような孫の手」なるものがヒット。
ニャル子さん愛用の獲物の形の孫の手ってのも良いなと言う事で、早速作る事にしました。

バールのような孫の手01
これは大きい傷やへこみをパテで埋めて紙やすりで均している所です。

バールのような孫の手02
塗装して完成です。

1番くじの孫の手は赤い釘抜きの部分で背中を掻くようになってるようでしたが、作った物はどちらでも
背中が掻ける様に作りました。1番くじの商品の寸法が分からないので450mmサイズのバールの寸法にしました。
ニャル子さんが実際に振り回してるのは多分600mm~750mmではなかろうかと思いますが
孫の手で使うのにその寸法は明らかに大きすぎると思い、450mmに決めました。
今回の塗装はエアブラシで行いました。朱色や緑色の部分は筆や刷毛でも問題無く塗装出来ますが
緑色とガンメタの交わる部分をぼかして塗るのにエアブラシを引っ張り出しました。

♯800のサンドペーパーを使ったり、パテで綺麗に均したつもりだったのですが 塗装してみると
へこみや木目が出てきて何だかイマイチな感じに・・・
残ってたサーフェイサーが切れたので、パテだけでやったのが悪かったのかな・・
ともあれ今回は材木代200円で作れたので良しとします。

※ 追記

バールのような孫の手03

へこみとか大きな木目跡、ニスの仕上がりが気に入らなくて、もう一回パテで埋めてから
紙やすりで均して、再塗装しました。www

| 日曜大工 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大数珠の改修

こんにちは、皆さん。残念な事に、この男はまだ生きています。

今回の記事は日曜大工の事でありまして、MUGENでもアニメでもありません。
10年程前に作った大数珠の房が取れてしまったので、その修理をしたのです。

大数珠

この大数珠は、本多忠勝公の物を模したものです。当時、鹿角脇立兜で有名な当世具足が欲しかったのですが
お値段据え置き90万では手が出せないので、大数珠だけでも売ってないかと検索したら
大数珠だけで10数万するらしいとの事だったので、なら作ってしまえと言う事で作ったものです。

色が金色じゃないと指摘を受けそうですが、金の大数珠と黒い鎧を一緒に飾れば映えるでしょうが
数珠だけ飾るとなると金色は派手すぎるな・・・と言う事でカシュー漆の透で塗装してあります。

今回は房を新たに玉を使用して作り直し、引っ張っても簡単に取れないようにしました。
忠勝公の当世具足もいつか自作したいなぁ・・・

- おまけ -

数珠ストラップ


こいつは忠勝の数珠ストラップ。房の材料と一緒にストラップの材料も眠っていたので、作ってみました。
このストラップも売ってますが、革のケースとセットでお値段3万円強。なので自作しました。
他にも寛永通宝やもう一セット分の数珠ストラップの材料も出てきたので、真田ストラップを作ってみるのも
良いかなぁと思ってます。

ぶっちゃけ、こういう民芸品っぽいモノを作って食っていけたら・・・と、思ったんですが
こんなモンを買う人も居ないだろうし、作っても在庫不良が目に見えてますね。www

| 日曜大工 | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

退院 初DIY

退院しても歩くのに慣れるまで杖が必要だろうと思っていましたので、入院してる時から簡単な設計図を書いて
退院したら直ぐに作ってやろうと思って自作の杖を作ってみました。

退院DIY01
ロフストランドクラッチを参考にして、こんな感じに作ってみました。
最初は松葉杖を参考にアンダーアームクラッチを作ろうかと思ったのですが
あんまり長い杖だと 外出の際にかさばるかなぁと思ったのでロフストランドクラッチ風にしました。

退院DIY02
取っ手と腕当ての拡大部分です。

材料はステンレスパイプと余ってた端材で作りました。取っ手の部分にはスポンジカバーを取り付けて
腕当ての部分は黒とつや消しクリアで塗装して、金具を取り付けて スポンジを取り付けています。
両側にもスポンジを取り付けたいのですが、今はどうやって付けるか思案中です。

こんな杖ですが、外出の時や もちろん家の中でも大変助かっています。
いずれちゃんとしたロフストランドクラッチを購入するつもりですが、それまでの繋ぎになればと思っています。


- おまけ -

退院DIY03
ステンレスパイプの端材で作ってみました。全長56cmの物騒な護身用具です。テヘ♪
持ち歩く訳ではなく こんな足になったので もしもの時の為に 玄関口に置いています。
まぁ、コレを使う日が来ない事を祈るばかりですのぉ。

※ 今回の記事を読んで、杖等を作成使用した際に、破損による怪我や事故を起こしても
  当方は責任を一切負いません。自己責任で使用して下さい。


| 日曜大工 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポップン自作コントローラー 再び その弐 ※ 追記あり

それでは、箱について書いていこうと思います。


・自作アケコン箱制作編

天板に穴を開けた所です。前回は3mmのドリルで円の外周に沿って穴を開けて
ギザギザの切り口をヤスリで削って平らにしたのですが、今回は自由錐を使って穴を開けました。
油断してるとドリルが跳ねて、両端の刃で手足をザックりやってしまうので、十分注意しての作業でした。
ポップン自作アケコン-箱01


これはその裏側です。力をかけて折れそうな所を補強しています。
この写真の時点では、ラッカークリアの塗装前なので表に印刷した紙を貼り付けて
保護の塩ビシートもボルトナットで固定しています。それについては後ほど簡単に説明します。
ポップン自作アケコン-箱02


途中経過は面白くないので省略します。w だって材料を切って木ネジで固定するだけですし・・・
箱を組んだ後、塗装部分に紙やすりを丁寧にかけて先ずは白を塗装して、次に黄色を塗りました。
そしてポップンのロゴを転写シールで貼り付けてから、6・7回ぐらいラッカークリアを薄く吹きつけています。
次に600の水砥ぎやすりで軽く表面を研いで、2・3回ラッカーを吹き付けました。
ポップン自作アケコン-箱04


これは裏側。前回は隅金を使って、上からはめ込んで蓋をするようにしましたが
今回は蝶番を取り付けて開閉できる様にしました。やっぱり蝶番の取り付けは難しいですね。
一発でいけるかと思ったのですが、木がこすれてギィギィ音が鳴るので調整が必要でした。
ポップン自作アケコン-箱08


これは蓋を開けた状態です。蓋の部分の小さい穴はコードを通す為の穴です。
ねずみ色のモノは、PSコンの保護も兼ねた、スポンジを敷いています。
蝶番を取り付ける前に、PSコンのコードを通す半円の穴を右側面に開けていたのですが
位置がステーと被ってしまい、木工用パテで埋めて、空け直すという失態を演じてしまいました。
ポップン自作アケコン-箱06


これは天開用のステーで、箱の蓋を開けっ放しに出来る補助金具です。
取り付け方が良く分からず、ステーが折りたたまれた時に蓋が閉まらなかったり
片方のステーがあまり効いてなくてプラプラしてたりで、何度も付け直したおかげで
側面の内側はネジ穴の跡だらけになってしまいました。
ポップン自作アケコン-箱07


これは底です。スピーカーの振動・騒音軽減のゴムの足を付けた所です。
ポップン自作アケコン-箱03


正面にパッチン錠を取り付けて、簡単に開かないようにしました。これも取り付け方が分からず
1回失敗しています。上下の金具の間が開きすぎて。金具が掛からず閉まらなかった・・・
最後に箱の中にPSコンやコードを設置・配線して完成となりました。
あ、スイッチの効き具合の調整を忘れてらぁ。 これはプレイしながらぼちぼちやろうかね。
ポップン自作アケコン-箱09


・おまけ

PSコンとボタンの配線はこんな感じで行っています。
ちなみにパネルの左上の黒いのが、セレクトボタンとスタートボタンになります。
ポップン自作アケコン-箱010

パネルの模様はPCで実寸で作ってプリントたモノを切って重ねて、板に両面テープで固定してから
0.5mmの塩ビシートをボルトナットで固定しています。
印刷はマット紙を使っています。最初は半光沢紙を使ったのですが切って重ねた部分が丸分かりで
見た目にも不細工になったので、ボツにしました。
塩ビシートも最初は1mmのモノを購入したのですが、穴を開けた時や、穴の調整している時に
カッターや自由錐が滑って、大きな傷が数箇所についたので泣く泣くボツにしました。


・ついでに思い出した事とか

一番最初に作った時に、知り合いがプレイしてみたいと言うので、やらせてみましたら

思 い っ き り ク ラ ッ シ ャ ー プ レ イ

1曲終わらないうちに、下に住むキチ○イのおっさんが怒鳴り込んでくる始末。
謝って部屋に戻ると「怒られてやんのwww」って顔でニヤニヤしてたので、イラッときたので
クラッシャープレイを注意すると 「思いっきり叩かんとプレイした気にならんやろ」 とかほざくので
マチェットで脅しながら、くどくどと説教したのを思い出しました。

タッチライトを元々の使用目的とは異なる使用をしているので、思いっきり叩くとかすると
すぐに壊れると思いますので、もしも自作アケコンを作ってみようと思う方は注意して下さい。


※ 追記
POPN.jpg

自分で作ったパネルの模様でも公開してみようかと思い、追記する事にしました。
サイズは原寸なのでかなり巨大で、サイズは 8858*4134 になっとります。
こちらから閲覧できるようになっていると思います。

また、RARファイルも置いています。
DLはこちらから、右クリックのヤツでお願いします。

ちなみにおいらが作った箱のサイズは。75cm×35cm、厚さは板の厚さとか込みで蓋が3cm、箱が6.5cmで
作ったと思います。自作した方 される方。もし良かったら使ってやって下さい。

| 日曜大工 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。